サロンのちえ福ぶくろ

栄養士オススメ! 入浴のすすめ

入浴は、リラックス効果や冷え性の改善などが期待されていますが、最近では入浴      することで免疫力がアップするのでは?と注目されています。

4740336_s

入浴で体を温めることによって、ウイルスや菌などの異物に対して攻撃する「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」が増強するという発見がありました。

喉や鼻、気管支の粘膜が湯気で潤うことで、ウイルスや菌などの異物を体内から追い出す絨毛細胞も活性化すると言われています。また、唾液に含まれるIgA抗体も増えるそうです。

コロナウイルスが流行し1年以上たった今、免疫力を下げたくないと思っている方は多いと思います。そこで効率的な入浴方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

①    40~41℃の高めのお湯に10~15分浸かる。

NK細胞は、体が温まり「ヒートショックプロテイン」という物質が増えることで強く、多くなりますがそのためには、40~41℃のお湯に、肩までしっかりと10~15分浸かることを意識してみると良いそうです。1回の入浴では増えないので、入浴を習慣づけることが大切です。ただし、持病をお持ちの方や湯船につかることに不安のある方は、主治医に相談しましょう。また、脱水を起こさないためにも入浴前にコップ1~2杯のお水を飲んだり、入浴中に水分補給するようにしましょう。

 

②    シャワーは体が温まりにくい。温度を41℃にしても、常に肌がお湯に触れていない、また湯気も少ないので、温熱効果が湯船に浸かる場合と比較して低いです。

3695211_s

③  熱めのお湯が苦手な人は、重炭酸イオンで体を温める。

重炭酸イオンが溶けたお湯は、血管を拡張し血流を良くしてくれます。また肌や髪にこびりついた頑固な皮脂汚れも包み込んで溶かしだすので、お肌や髪がツルツルになります。お湯の力ではなく重炭酸イオンの力で血行をアップさせるのでぬるめのお湯でも温まります。習慣づけることで体温がアップし、風邪を引きにくい体づくりも期待できます。

 

福神茶楼では、薬用Hot Tab重炭酸湯を取り扱っております。体が温まり血流を良くすることで血圧を下げ心臓に負担をかけにくい入浴ができます。免疫対策と合わせ、疲労回復や肩こり、腰痛、リウマチ、湿疹でお悩みの方にもおすすめの商品です。

4493985_s

日々、健康に過ごすために、入浴を習慣づけたいものです。

OIP[2]

薬用Hot Tab 10錠入り~ ¥1,100(税抜 ¥1,000)

参考:女性セブン2020.6.4号 免疫力を高める「最強の入浴」7つのポイント

PAGE
TOP