サロンのちえ福ぶくろ

栄養士オススメ! -肌荒れー

2021-1-4 Mon

「マスクによる肌トラブルが急増!?」

新年あけましておめでとうございます。

今年も皆様の健康に役立つ情報を発信していきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

1

今月はマスクを着用することによって起こる肌荒れについてお話します。

今では、新型コロナウイルスの影響でマスクが欠かせない毎日。

マスクを着用することで肌トラブルが起こる原因は以下のようなことが考えられます。

2

摩擦による刺激

マスクが刺激となり、肌を守るバリア機能が低下する。

蒸れによる影響

マスクの内側は、吐く息で蒸れて高温多湿状態となり、ニキビを引き起こすアクネ菌などの細菌や

雑菌が繁殖しやすくなる。

肌の乾燥

マスクを外した際に、一気にマスク内の水分が蒸発し、肌の水分まで同時に奪ってしまい乾燥を引き起こし、バリア機能が正常に働かなくなる。

少しでも肌トラブルを軽減するには、肌のバリア機能をきちんと働かせるためにも十分な保湿が大切です。

洗顔後はすぐに化粧水や乳液、クリームなどで保湿するようにして下さい。さらには、マスク着用中は熱がこもり汗をかきやすく、そのままにしておくと肌トラブルにつながるので、こまめにガーゼ等でふき取りましょう。布やガーゼタイプのマスクは肌への刺激を抑えられます。ただし、感染拡大を防ぐうえでは、不織布マスクの方が効果を期待できるので、その時の状況や、肌の状態に合わせて使い分けると良いでしょう。

3

また栄養面では、皮膚細胞の形成や働きに関与するビタミンA、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2や亜鉛と、皮膚細胞の材料になるたんぱく質が重要です。体内でビタミンAに変化する緑黄色野菜やビタミンB2、B6、亜鉛、たんぱく質を含む、肉や魚類が不足しないよう心がけましょう。

福神茶楼では、福神グループの薬剤師と管理栄養士が開発した、オールインワンゲルクリームを取り扱っています。化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地がこれ一つでまかなえる便利アイテムです。

肌に潤いを与えキメを整える「マリンコラーゲン」保水力の高い「プロテオグリカン」肌の内側から整える「プラセンタ」を贅沢に配合しています。忙しい朝や疲れてぐったりの夜のスキンケアにおすすめです。手や足など全身にもお使いいただけます。今年の冬は特に、保湿をしっかり行いましょう。

マルチファンクションスキンケア       ←オンラインショップでも販売中

THE ONEゲルクリーム            こちらのQRコードから検索

4                  5

100g ¥3500+税

 

引用:いけがき皮膚科 マスクによる皮膚炎

高橋書店 キッチン栄養学

 

 

PAGE
TOP