時間栄養学で活動的な毎日を!

2018-02-09

春になるのが待ち遠しいこの季節・・・。

今日は1月に続き『時間栄養学』についてご紹介したいと思います。

 

前回は朝食をメインとしたお話でしたが、今回は時間栄養学的にもう一つ気をつけたい夕食のタイミングについてです。

夕食は1日の疲れを癒し、家族や友人との会話を楽しむひとときです。

しかし夜遅い時間の食べすぎは脂肪として蓄積されやすく、それが習慣化してしまうと健康上のリスクが高まります。

食事

 

夜遅い食事のデメリットは以下のようなものが挙げられます。

 

夜は活動量が少なく消費エネルギーが低い

余分なエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなります。

 

食事誘発性熱産生(DIT)が低い

DITとは食事をしたときに胃腸で消化吸収される際の消費エネルギーのこと。

夕方から減り始め、夜はもっとも低くなります。そのため夜はDITが低い分太りやすいと考えられています。

 

タンパク質BMAL-1が脂肪を溜め込む

BMAL-1とは体内時計を調節する遺伝子群の一つ。脂肪を貯蔵させる司令塔の役割があります。

体内のBMAL-1は午後10時~午前2時が最も多くなるため、この時間帯の食事は太りやすくなります。

 

また夜遅い食事は睡眠中に消化器官を働かせるため、胃もたれや浅い睡眠の原因にもなります。

朝になっても空腹を感じにくくなるため朝食が食べられなくなり、どんどんリズムが乱れてしまいます。

これがインスリンの分泌にも悪影響を及ぼし、肥満や糖尿病など、様々な生活習慣病のリスクが高まります。

睡眠2

 

そこで、どうしても夜遅めの夕食になる時の工夫点をご紹介します。

 

◎低エネルギー・低脂肪の食材を選ぶ

白身魚や豆腐などがおすすめ。調理法としては茹でたり蒸したりする調理法を。

 

◎よくかんでゆっくり食べる

消化に負担がかからないようよくかんでゆっくり食べましょう。

20分以上かけると満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防げます。

 

かむ

 

そのほかどうしても夜遅くなってしまう時は、夕食と夜2回に分けて、それぞれ軽めに食べることもおすすめです。

 

 

朝の健やかな目覚めは夕食から始まっています。

ぜひ時間栄養学を取り入れて、元気に冬を乗り切りましょう!

 

参考文献:『からだにやさしい あたらしい栄養学』 高橋書店

 

 

☆この時期おすすめの商品

福神オリジナルあまざけ(¥690)・八穀あまざけ(¥880)

人肌程度に温めたあまざけでリラックス&朝の栄養補給に!

あまざけ

福茶リニューアルのお知らせ☆

2018-02-05

皆様大変お待たせ致しました!福神オリジナルブレンド茶『福茶』がリニューアルし、サロン3店舗で販売を開始いたしました☆

<福茶> ティーバック10包入 各¥880(税抜)

・福茶 温み(ぬくみ)…健康の大敵「冷え」を解消するため、身体を温める茶葉をブレンド。生姜やシナモンが効いていて美味しい♪

・福茶 巡り(めぐり)…糖や脂肪の吸収を抑える茶葉をブレンド。杜仲茶をベースに作られており、食事のときに飲むのがおすすめ♪

※お得なまとめ買いセットもご用意しております♪

DSC_0128

とっても寒いこの季節だからこそ、今からお茶習慣を始めるのがおすすめです☆

店内で試飲も出来ますので

気になる方はぜひサロン3店舗へお問い合わせください!

栄養士オススメ! ー新年から始める!時間栄養学!!ー

2018-01-04

皆さま年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

寒い時期が続くので朝起きるのが辛い・・・という方もいらっしゃるかと思いますが、

新年気持ちを新たに生活しましょう!

今日ご紹介するのは、今注目されている『時間栄養学』の考え方。

今回は朝の活動に焦点を絞ってポイントをご紹介したいと思います。

 

『時間栄養学』とは、生物の周期的な現象と栄養の関わりを扱う学問のことです。

生体リズムと栄養が心身の活動にどのように影響し合っているのか研究が進められています。

近年時計遺伝子(体内時計をつかさどる遺伝子)による生活リズムが

健康維持のために欠かせないことが分かってきました。

朝

 

私たちの体は1日25時間の周期で生体リズムを刻んでいます。

1日は24時間なので、放っておくと徐々にズレが生じ、夜ふかしの身体になってしまいます。

この差をリセットし、リズムのズレを修正するには光(朝日)の刺激と朝食が

重要だということが分かっています。

朝日を浴び、朝食を摂ることは生活リズムを整える上では大切なのです。

 

朝食をとるメリットは以下のようなものが挙げられます。

①脳や身体のエネルギー源になる

  午前中の活動のエネルギー源の補給として重要です。

 

②生体リズムを整える

  朝日を浴び、朝食を摂ることで体は活動のスタート時刻が来たと認識します。

 

③学習や仕事がはかどる

  朝食をとる・とらないで集中力や注意力に決定的な差が。

  子供を対象にした研究結果では朝食をとる子の方が好成績の傾向にありました。

 

④お通じをスムーズにする

  朝食をとると大腸などが刺激を受け、排便が促されます。

朝食

 

しかし、食欲がなかったり時間がなかったりして朝食がとれない・・・という方もいるはず。

そんな方にも簡単に取り入れられる工夫点をご紹介します。

●食欲がない人

消化のよいものを軽く食べましょう。おにぎりや果物、飲み物、ヨーグルトでも構いません。

夜の食習慣や睡眠不足など生活の見直しも重要です。

 

●時間のない人

冷蔵庫や電子レンジを活用してみましょう。ご飯は1食ずつラップに包んで冷凍したり、

そのまま食べられるチーズや納豆、缶詰などを常備しておくのもおすすめ。

野菜は洗うだけで食べられるきゅうりやトマトが簡単です。

 

新年気持ちを新たに、再度自分の食生活や生体リズムを見直してみましょう!

 

参考文献:『からだにおいしい あたらしい栄養学』 高橋書店


 

福神茶楼では、朝の目覚めの改善、午前中の活力につながるサプリメントも取り扱っております。

 

ワタナベオイスター:牡蠣エキスを凝縮したサプリメント。

朝起きるのが辛い方は錠剤またはドリンク、またはゼリーを前日の夕食時に取り入れるのがおすすめです!

ワタナベオイスター

年末年始 営業日のお知らせ♪

2017-12-30

Welfare Gardenは本日よりお休みです。

さぷらる天神は本日の13時まで、藤崎店は本日の18時まで営業し、

1月4日(木)から通常営業となります。

 

皆さま、来年も福神茶楼をよろしくお願い致します。

良いお年をお過ごしください♡

栄養士オススメ! ー冬にも食べたい!キウイフルーツ!ー

2017-12-12

12月に入り、慌ただしい年末となりました。

この寒さや忙しさで体調を崩されてはいないでしょうか?

今日は冬に旬を迎えるキウイフルーツについてお話したいと思います。

年中スーパーで見かけるキウイフルーツですが、実は12月頃が旬です。

キウイフルーツは中国原産品をニュージーランドで品種改良したもの。

果実が褐色の毛で覆われており、キウイというニュージーランドの鳥によく似ていることから

この名がついたと言われています。

以前はニュージーランドからの輸入品が大部分を占めていましたが、

近年は国内でも栽培され、人気のフルーツとなりました。

キウイ

 

ここで、キウイフルーツの健康に良い面をご紹介します

 

①血圧・コレステロールを下げる働き

余分な水分を排出し血圧を下げる効果のあるカリウム、

また血中コレステロール値の抑制に役立つ水溶性食物繊維の一つであるペクチンが含まれています。

 

②がんの予防

キウイフルーツにはビタミンCとビタミンEが豊富で、どちらも抗酸化物質です

また、ガンの原因となるフリーラジカルの損傷とたたかうのに役立つ植物化学物質も含まれています。

 

③眼科疾患の予防

キウイフルーツには目の健康と関連性がある抗酸化物質、ルテインとゼアキサンチンが含まれています。

 

④体重のコントロールに役立つ

1個のカロリーは約60kcalで、食物繊維が豊富に含まれているので満腹感が得られます。

体重計

 

キウイフルーツはそのまま生で、デザートとして食べる事が多いと思いますが、

ヨーグルトに混ぜると整腸作用がありおすすめです。

しかしタンパク質分解酵素アクチニジンの働きで苦味が出てくるので、すぐ食べるようにしましょう。

肉料理のデザートにすると消化が助けられるのでおすすめで、胃もたれ予防にもなります。

 

このようにいい面がたくさんあるキウイフルーツ!ぜひ食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

参考:『オールガイド食品成分表2016』実教出版

『食材別・症状別の大辞典 治す食事 患う食事』 医道の日本社

『からだにおいしい あたらしい栄養学』 高橋書店


福神茶楼では冬におすすめの商品を多数取り扱っております。

体調で心配なことがありましたらぜひお気軽にご相談ください!

 

マスチゲン®BBゼリー錠(第3類医薬品)

ビタミンCが豊富に含まれている、水なしで噛んで服用するタイプのサプリメントです。

キウイフルーツが食べられない時はこれでビタミンCの補給を!

マスチゲン

40錠(10日分)637円(税込)

冬におすすめのマヌカハニー商品♪

2017-11-22

天神地下街のイルミネーションも始まり、本格的な冬になってきましたね!

 

今日は冬におすすめの『マヌカハニー』商品についてご紹介します♪

 

ニュージーランドでしか採れないマヌカハニーは、

蜂蜜の中でも最も抗菌性に優れ、免疫力向上に効果が高いとされており、

風邪・のどの痛み、インフルエンザ・ノロウイルス対策にもおすすめです!

マヌカ

オーガニック(UMF15+)のはちみつ瓶(¥5,184)と、

マヌカハニードロップレット(UMF10+、¥1,080)を販売しています!

飲み方は、空腹時に小さじ1杯(金属のスプーンだと抗菌性が減ると

言われているので、木製のスプーンを使用しましょう!)で、

1日3-4回摂取するのがおすすめ!

ちょっと甘いものが欲しいなという時にも活躍してくれます☆

 

とっても美味しいので、冬のプチギフトにもおすすめの商品です♪

ぜひお試し下さい(^O^)