月別アーカイブ: 2019年4月

栄養士オススメ! ーはちみつー

2019-04-01

はちみつを生活に取り入れよう!

 

いよいよ本格的な春がやってきました。

1990ae0ed184ca94fa860440a558c52e_s

 

平成もあと1ヶ月となり、新しい時代が楽しみですね!

 

今回は美容と健康のために世界中で愛されている『はちみつ』についてご紹介します。

 

c5d4ad845fe9c4200687fc9589e86fb8_s

 

はちみつとは、ミツバチが蓄えた花の蜜のショ糖が、

ミツバチの分泌液によって転化糖に変わったもので、主成分は果糖とブドウ糖です。

少量にはなりますが、ビタミンB群も含まれ、

美容効果のあるナイアシンや精神を安定させるカルシウムも豊富です。

 

d2f95f6c470d5515025898e4f063c40c_s

 

一般的に販売されているはちみつのほとんどが異なる材料を混ぜて作られていますが、

透明度が低く濁っているものが純粋はちみつで、ビンを逆さにすると泡が立つのが特徴です。

 

 

はちみつが持つ健康効果についてご紹介します。

すぐエネルギー源となる

はちみつの主成分である果糖ブドウ糖は消化吸収がよく、

即エネルギーに変わるため疲労回復に有効です。(ただし血糖値が高い方は食べ過ぎにご注意ください)

 

腸内の善玉菌を増やす

ブドウ糖の酸化により作られるグルコン酸

大腸に届いて善玉菌を増やし、下痢や便秘を改善します

 

咳を和らげる

ある研究では、上部呼吸器感染症を持つ2歳以上の子供が

寝る前にはちみつを小さじ2杯摂取したところ、症状が治まったという報告があります。

はちみつは夜間の咳を減らし、睡眠を改善するようです

 

ただし、はちみつにはボツリヌス菌が含まれている可能性があり、

生後1年未満の乳児には深刻な病気を引き起こすことがあるため、

食べさせないよう注意してください。

 

はちみつを砂糖の代わりに使う場合は、

はちみつに含まれる水分の分だけ、料理に必要な水分量を減らす必要があります。

砂糖の代わりにはちみつを使うことで風味も変わり、美味しく仕上がりますよ!

 

716bcd863ea5710e61945d21905efbf2_s

 

ぜひ食生活に取り入れてみましょう!

 

 

参考文献:『食材別・症状別の大辞典 治す食事 患う食事』 著者:Reader’s Digest編集部

『栄養学の基本がまるごとわかる辞典』西東社

 

 

福神茶楼では、『マヌカハニー』という抗菌性のあるはちみつを取り扱っています。

風邪や喉の痛みがある時や、胃腸の調子を整えたい時などにおすすめです。

*MISマヌカハニー10+  税抜4,800円

*MISマヌカハニー10+ドロップレット  税抜1,000円

*MISマヌカハニーリップmini  税抜800円

4月はちみつ MISマヌカハニー