Category:Welfare garden店

栄養士オススメ! ーミカンー

2018-11-05

冬のお供に!みかんについて

 

朝・晩の冷え込みが厳しくなり、冬を迎える準備を始める時期となりました。

みかん④

冬といえば大根や白菜、鍋料理など様々な美味しい食品・料理が目白押しですが、

今日はそんな冬の味覚に欠かせない『みかん』についてご紹介致します!

 

柑橘類の原産地はインドから東南アジアと言われ、世界中に100種類以上もあります。

日本を代表する柑橘類は『みかん』

温州みかんとも呼ばれ、中国渡来の柑橘類から偶然生まれた日本独自の品種です。

みかん②

 

多く含まれているのはビタミンC。100gあたり32mg含まれています。

またカロテンやクエン酸も豊富で、疲労回復や風邪の予防・回復に効果があり、

美肌作りには欠かせない果物です。

捨ててしまいがちな袋やすじにはビタミンCの吸収率を高め、

毛細血管を強くする効果のあるビタミンPが含まれています

また、みかんのオレンジ色の成分『β-クリプトキサンチン』にはガンを抑制する効果があるとして

注目されています。

みかん③

 

美味しい温州みかんの選び方は、ヘタが黄色ががった緑色でなるべく小さいもの、皮のオレンジ色が濃く、

鮮やかでツヤのあるものがおすすめ。

フカフカと浮き上がっているものより、皮が薄くきめの細かいものを選びましょう。

 

普段は捨ててしまう皮ですが、乾燥させて入浴剤として用いると、

風邪のひきはじめに効果的と言われています。

みかん⑥

 

冬を代表する果物、みかんを取り入れて、風邪知らずの冬を過ごしましょう!

みかん⑤

 

参考文献:『からだにおいしい便利帳』 高橋書店

 

福神茶楼では、風邪対策におすすめの商品を取り扱っています。ぜひご相談ください。

マスチゲン

*マスチゲンBBゼリー錠 40錠 税抜¥590

ビタミンCをはじめとした4種類のビタミンを配合。

ビタミンCは1日量4粒で180mgです。

肌荒れやニキビ・口内炎や疲れにもよいですが、ビタミンCが不足しがちな方にもおすすめです。

 

栄養士オススメ! ー腹八分目ー

2018-10-01

食欲の秋だからこそ!『腹八分目』を心がけよう!

 

10月に入り、過ごしやすい季節になりました。

秋といえば『食欲の秋!』とも言われ、さつまいもに栗、さんま、きのこ、新米など…

美味しい秋の味覚が目白押しです。

腹八分目③

美味しいものばかりでつい食べ過ぎてしまう…

そんな方にもう一度思い出してほしい『腹八分目』について考えたいと思います。

 

『食事は腹八分目で終えるのが良い』と昔から言われますが、腹八分目がどの程度なのか、

明確にわかる方は少ないと思います。

実は腹八分目とは食事を8割でやめておくことでも、胃の8割を満たすことでもありません。

目一杯満腹になるまで食べずに『適度な満腹感が得られる量』を食べるということです。

腹八分目⑧

胃は食べ物が入っていない時はほとんどぺちゃんこの状態ですが、食べ物が入ってくると

ゴム風船のように膨らみ、

1.5~2Lほどの容量に拡がることができます。

目一杯満腹まで食べると、普段より消化する時間が長くなり胃に負担がかかってしまいます。

消化しきれなかった食べ物が胃に残ってしまうと、胃もたれなど、お腹の不快な症状を起こすことがあります。

それを防ぐために、『腹八分目』つまり適度な満腹感が得られたところで食事を終えるのがよいとされています。

腹八分目⑨

 

しかし、『適度な満腹感』というのも実感しにくい感覚です。

そこでおすすめなのが『ゆっくりよく噛んで食べること』

腹八分目⑦

これを実行すれば唾液の分泌が促され、消化を助けてくれるだけでなく、満腹感を得やすくし

食べすぎを予防できるからです。

少なめの量でも満腹感が得られれば、それが腹八分目なのです。

腹八分目⑥

 

 

早食いを予防し、しっかりよく噛んで食べることで、美味しい秋の味覚を『適度な満腹感』で味わいましょう!

 

 

参考:『健康管理する人が必ず知っておきたい 栄養学の○と×』古畑 公

 

福神茶楼では、早食いを防止するための咀嚼を促す商品も取り揃えております。

☆調剤薬局の雑穀 各税抜200円

24穀・鉄・カルシウム・ポリフェノール・イソフラボン・食物繊維の6種類

米1~2合に対し1袋を入れ通常通り炊くことで、手軽に雑穀米が楽しめます!

 

6種類セット

栄養士オススメ! ー椿油ー

2018-09-13

夏の終わりからの乾燥対策に~椿油~

 

暑い暑い季節もひと段落つき、これから秋に向かっていきます。

夏の強い紫外線から受けたダメージが、お肌に出やすい季節でもあります。

椿油⑤

 

そこで今回は、お肌の健康対策におすすめの『椿油』についてご紹介したいと思います。

ツバキ(椿、またはヤブツバキ)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹です。照葉樹林の代表的な樹木で、

花は冬から春にかけて咲きます。

椿油②

椿油は、種子(実)を絞った油で、保湿性に優れており、ヒトの皮膚に近い『オレイン酸』が豊富なのが特徴です。

椿油③

 

『オレイン酸』とはヒトの皮膚の表面にあって、潤いを保つとともに肌そのものを守る皮脂膜に

最も多く含まれる成分です。

椿油の成分はオレイン酸が80%以上でオリーブオイルをしのぎます。

椿油①

肌に最も近いオイルなので、ターンオーバーを妨げることなく保湿ができます。

椿油⑦

 

椿油はこの特徴を活かして化粧品や整髪料に使われることが主ですが、その他にも高級食用油に使われたり、

古くは灯りなどの燃料油としても使われたそうです。

その用途の広さは和製オリーブオイルとも言われています。

 

福岡県では久留米が日本一の椿の苗木生産地です。

久留米の椿油を使ったおすすめ商品もあるので、こだわりの椿油を上手に活用し、うるツヤ肌を保ちましょう!

椿油⑥

 

参考)株式会社オーラテック椿なのHP等

 

福神茶楼では、9月からオリジナル化粧品の販売がスタートします!

フィッシュコラーゲンをはじめとした3種類のコラーゲンや椿油を贅沢に使用したゲルクリームです。

またこれらをナノミキシング処理を行うことで、コラーゲン独特の匂いを軽減!

潤いやハリ、透明感のある肌へと導きます。

 

☆マルチファンクションスキンケア THE ONE

(ゲルクリーム)

100g 税抜3500円